霊芝とは

霊芝とは

霊芝とは

霊芝の歴史

霊芝とは、サルノコシカケ科に属するキノコの一種で、
別名でマンネンタケとも呼ばれています。

 

 

昔は、梅やナラギなどの古木に、
約10万本中2〜3本程しか生えないといわれるほど貴重なものでした。

 

 

霊芝の歴史は古く、紀元前1〜2世紀に編纂された
中国の薬物書「神農本草経」に、最上級の薬物として記録されています。

 

 

また、日本でも「日本書紀」に「芝草」という名で記載されています。

 

 

今では、長野の信州などで栽培されているため、
高品質な霊芝が、安定的に供給されるようになりました。

 

 

それでも、高価な漢方とされています。

 

 

霊芝は漢方薬の分類では、
高麗人参の紅参と同じ上薬に分類されています。

 

 

上薬とは、長期間服用しても副作用がなく、
さらに長期間服用して体の治癒力や抵抗力を高め、不老長寿に役立つとされています。

 

 

また、霊芝にはアダプトゲン効果があります。

 

 

アダプトゲンとは、様々なストレスに対する体の適応能力や抵抗力を高める効果、
人間の体の働きの恒常性(ホメオスターシス)を保つ効果とされています。

 

 

ちなみに、霊芝自体は非常に硬いため、調理ができず、
食べられないキノコといわれ、煎じたり、サプリメントでの服用が主となっています。

 

 

霊芝の種類

霊芝は62種類あり、代表的な霊芝の種類は以下の通りです。

 

・赤芝

 

・黒芝

 

・青芝

 

・白芝

 

・黄芝

 

・紫芝

 

 

赤芝が現在栽培されている一般的な霊芝です。

 

 

霊芝に含まれる成分

霊芝にはアミノ酸やβグルカン、トリテルペン、カルシウムやリン、
マグネシウム、カリウム、ナトリウム、鉄、銅、亜鉛、マンガンなどのミネラル類が含まれております。

 

 

特に霊芝の代表的な有効成分は、βグルカン(多糖類)、トリテルペンです。

 

 

βグルカンには、強い抗ガン作用が確認されています。

 

 

βグルカンはガンを攻撃する免疫細胞であるNK細胞を活性化させ、
それにより体内の免疫力が高まり、抗ガン作用を発揮します。

 

 

トリテルペンは苦味成分で、あらゆるキノコの中でも唯一、霊芝が持っている成分です。

 

 

トリテルペンは花粉症やアトピー性皮膚炎を始めとする様々なアレルギー疾患や、
心肺機能増強作用、肝障害改善作用、不眠症やうつ病、認知症に効果が期待されています。