霊芝と高脂血症

霊芝と高脂血症

霊芝高脂血症の改善や予防に効果が期待されています。

 

 

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪の以上によって引き起こされる病気です。

 

 

最近は、「高脂血症」から「脂質異常症」といわれる様になりました。

 

 

◆高脂血症の分類
以下の3つのうち1つでも当てはまると、高脂血症となります。

 

高トリグリセライド血症(中性脂肪(トリグリセライド)が多い)
高LDLコレステロール血症(LDLコレステロールが多い)
低HDLコレステロール血症(HDLコレステロールが低い)

 

 

高脂血症になっても、自覚症状がほどんどないため、
知らず知らずのうちに進行しているケースが多々あります。

 

 

高脂血症を放っておくと、血管の内側に脂質がへばりついてしまい、
それが血管が傷つけ、動脈硬化を引き起こす原因となり、
さらには心筋梗塞や脳卒中のリスクも高まります。

 

 

◆高脂血症の基準

 

・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上(空腹時)
・HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満(空腹時)
・中性脂肪値 150mg/dl以上(空腹時)

 

LDLコレステロールが140mg/dL以上になると、高コレステロール血症。

 

中性脂肪(トリグリセライド)150mg/dL以上になると、高トリグリセライド血症。

 

HDL数値が40(mg/dl)以下になると、低HDLコレステロール血症。

 

 

高脂血症の原因としては、主に食生活や生活習慣が大きく影響しています。

 

 

この高脂血症の改善や予防に、霊芝が有効なのです。

 

 

霊芝は、汚れた血液をきれいにてドロドロを改善し、
血管に柔軟性を取り戻すといわれております。

 

 

その霊芝の効果・効能の一つに、コレステロールを正常化する効果があるとされています。

 

 

霊芝には肝臓での脂質代謝を促進し、
余分な脂質の吸収を阻害する働きがあるとされています。

 

 

実際の実験で、被験者に霊芝を摂取してもらい、
血中の脂質の状態を調べたところ、被験者のコレステロール値、
中性脂肪の値などが正常値に近くなる結果がでました。

 

 

また、霊芝に肝臓以外にも、骨髄、腎臓、脾臓を活性化することから、
さらに、血液中のコレステロールと中性脂肪を低減させる効果があるのです。