霊芝と膠原病

霊芝と膠原病

霊芝膠原病の予防や改善に効果が期待されています。

 

 

そもそも膠原病(こうげんびょう)とはなんなのでしょうか?

 

 

膠原病は、全身の血管や皮膚、筋肉、関節などに炎症や、
原因不明の発熱や湿疹、関節の痛みなどの症状がみられます。

 

 

また、現在のところ膠原病は完全に治癒してしまう病気ではありません。

 

 

そのため、難病とされています。

 

 

◆膠原病の特徴
・原因不明の疾患
・全身性炎症性疾患
・多臓器疾患
・慢性疾患
・結合組織のフィブリノイド変性
・自己免疫疾患

 

 

◆膠原病に含まれる病気と発症する症状
全身性エリテマトーデス
シェーグレン症候群
強皮症(全身性硬化症)
強直性脊椎炎
多発性筋炎および皮膚筋炎
ライター症候群
関節リウマチ
乾癬性関節炎
悪性関節リウマチ
反応性関節炎
結節性多発動脈炎
抵リン脂質抗体症候群
ウェゲナー肉芽腫症
リウマチ性多発筋痛症
ビュルガー病

成人スティル病

 

 

この膠原病の予防や改善に、霊芝が良いとされているのです。

 

 

そもそも膠原病は、免疫異常が原因といわれています。

 

 

一般的な治療としては、免疫異常を抑えるステロイド薬、
免疫抑制剤、その他抗炎症剤などが使われています。

 

 

どれも効果はありますが、自覚症状が一時的に楽になるだけで治りません。

 

 

それどころか、強い薬のため、重篤な副作用が出てしまいます。

 

 

副作用としては、不眠、便秘、脱毛、にきび、肥満(ムーンフェイス)、
高血圧、糖尿病、高脂血症、骨粗鬆症、抵抗力の低下による感染症など、
様々な重篤な症状がでてくる可能性があります。

 

 

霊芝は自律神経のバランスを整え、
過敏になっている免疫や免疫の異常を改善する働きがあります。

 

 

また、霊芝に含まれるβグルカンは、
直接的に免疫細胞を活性化させるため、免疫の正常化や向上に効果があります。

 

 

ちなみに、霊芝には薬のような副作用がないどころか、
薬による副作用を軽減させ、薬の効果を引き出す働きがあります。

 

 

膠原病の予防や改善に、霊芝が役立つでしょう。