霊芝とガン

霊芝とガン

霊芝ガンに対して有効性が期待されています。

 

 

まず、ガンと腫瘍は同じように思いますが、同じではありません。

 

 

腫瘍とは、細胞の異常増殖する状態で、、
異常原因が取り除かれても、細胞の増殖が持続する状態の細胞のことです。

 

 

腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。

 

 

悪性腫瘍のことを一般的には「ガン」といいます。

 

 

腫瘍は別名「新生物」とも呼ばれ、ガンのことを「悪性新生物」と分類されます。

 

 

良性腫瘍の特徴は、増殖のスピードが遅く、切除すれば再発することはほとんどありません。

 

 

しかし悪性腫瘍は、異常なほど増殖スピードが速く、
切除しても再発の可能性は高いのが特徴です。

 

 

良性腫瘍と悪性腫瘍の区別は、顕微鏡を用いた病理組織診断により行われます。

 

 

ガン細胞が約1cmの大きさに成長するまでには、通常5〜10年かかるとされています。

 

 

また、ガンは発生する場所によって名称も異なります。

 

 

粘膜や細胞の表皮部分などの上皮細胞にできるものを「ガン」、
骨、軟骨、筋肉などの非上皮細胞にできるものを「肉腫」、
血液、リンパ液、骨髄などにできるものを「白血病」、「悪性リンパ腫」、「多発性骨髄腫」と呼びます。

 

 

一般的には、「ガン」と「肉腫」をまとめてガンといいいます。

 

 

霊芝は、ガンの発生予防、ガンの進行停止、ガン細胞の消滅に効果が期待されています。

 

 

その理由は、霊芝に含まれる多糖類であるβグルカンという成分によるものです。

 

 

βグルカンは、直接的にガン細胞を攻撃するものではありません

 

 

βグルカンは、マクロファージやNK細胞などを活性化し、
活性化された免疫細胞がガン細胞などを食べてくれるのです。

 

 

このように、βグルカンは免疫力を高める作用があるため、
ガン細胞の発生や成長を抑える働きがあるとされているのです。

 

 

霊芝に含まれるβグルカンは免疫力を高めてガンの発生や増殖を抑えるため、
現在、副作用のない抗ガン剤の原料として研究されている成分なのです。

 

 

実際、ガンの方に霊芝を摂取してもらった例あります。

 

@前立腺ガンの例
前立腺ガンの方ケースでは、抗ガン剤治療や手術を行わなくても、
霊芝だけを長期的に服用してもらった結果、前立腺ガンが消滅しました。

 

A骨肉腫の例
子宮ガンから転移し、骨肉腫になったケースでは、
転移後に霊芝を摂取してもらった結果、ガンの進行が遅くなり、
腫瘍マーカーが良いほうの数値へ変化しました。

 

 

このように、霊芝には、ガンに対する一定の効果・効能があるようです。