霊芝の副作用と効果・効能

霊芝の副作用と効果・効能

霊芝の副作用と効果・効能

 

霊芝の副作用と効果・効能

霊芝とは、サルノコシカケ科に属するキノコの一種で、
別名でマンネンタケとも呼ばれています。

 

 

昔は、梅やナラギなどの古木の約10万本中、
霊芝は2〜3本程しか生えないといわれるほど貴重なもので、
不老長寿の霊薬とも呼ばれています。した。

 

 

霊芝の歴史は古く、紀元前1〜2世紀に編纂された
中国の薬物書「神農本草経」に、最上級の薬物として記録されています。

 

 

霊芝は漢方薬として古くから利用されており、副作用はほとんどないとされています。

 

 

なぜなら、霊芝は漢方薬の分類では、
高麗人参の紅参と同じ上薬に分類されているからです。

 

 

上薬とは、長期間服用しても副作用がなく、
さらに長期間服用して体の治癒力や抵抗力を高め、不老長寿に役立つとされています。

 

 

ただし、過剰摂取した場合は、気をつけなければなりません。

 

 

霊芝は体のあらゆる部分に作用し、効果効能は多岐にわたります。

 

 

特に有名なのは、免疫力の強化により、ガンの予防や進行停止の効果・効能です。

 

 

また、それ以外でも脳卒中や心疾患の予防や改善にも役立ちます。

 

霊芝の副作用と効果・効能と使い方

 

 

霊芝と健康

霊芝は、健康の増進や維持に効果・効能のある漢方薬です。

 

 

なんとなく、漢方薬と聞くと体が悪い方が飲むイメージがあると思います。

 

 

ある意味正しいのですが、ちょっと間違いです。

 

 

霊芝のような上薬の分類される漢方薬は、
健康な時から病気にならないために、予防や体調管理として服用できます。

 

 

実際、私は現在40代ですが、霊芝を服用しています。

 

 

私自身、これといって高血圧や糖尿などの病気は一切ないのですが、
これらの血管疾患やガンの予防として霊芝を服用しています。

 

 

病院のお薬は病気になって初めて服用するものです。

 

 

しかも病院のお薬は、病気を治したり、体を強くするものではありません。

 

 

あくまで、病気の症状を抑える対処薬の役割だけです。

 

 

本来は、病院のお薬で症状を食い止め、
自らの自然治癒力で病気を治すことが正しい治療です。

 

 

しかし、年齢を重ねると自然治癒力が低下するため、病気を治すことが難しいのが現状です。

 

 

そこで、霊芝のような漢方薬で自然治癒力を高めることが必要になるのです。

 

 

霊芝の健康効果

霊芝には、以下のような健康効果が期待されています。

 

・免疫力の向上

 

・ガンの発生予防や進行停止

 

・コレステロールの正常化

 

・高血圧、低血圧を改善

 

・アレルギー症状を緩和

 

・脳卒中の予防

 

・心筋梗塞の予防

 

・動脈硬化の予防や改善

 

・脳軟化症の予防

 

・狭心症の予防や改善

 

・むくみ、水太りの改善

 

・前立腺肥大症の予防や改善

 

・自律神経失調症の改善

 

・更年期障害の改善

 

・膠原病の改善

 

・肝炎の改善

 

・糖尿病の予防や改善

 

・糖尿病の合併症の予防

 

・高脂血症の改善

 

・脂肪肝の予防や改善

 

・お血(ドロドロ血液)の改善

 

霊芝の効果・効能と健康